フェイスリフトの術後の痛み

名医に頼むフェイスリフトの種類

名医にお願いするフェイスリフト

フェイスリフトを考えている女性にとって、「手術をした後の痛み」はなかなか想像がつかないものです。

手術を検討している女性にとっては、「フェイスリフトをやってみたいけれど、痛いのは怖い」という気持ちはつきものでしょう。もちろん、手術中は局部麻酔をするので痛みは感じません。ですが、手術が終了して麻酔が切れたら、当然痛みが出てきます。また、麻酔をするにしても、その麻酔自体がびっくりするほど痛かったという意見もあります。

手術での痛みをより軽いものにしたいなら、どんな手術を受けるのがベストなのかよく考えてみて下さい。フェイスリフトは手術法が多いため、どのような手術法を選ぶかによって、後々感じる痛みのレベルが変わってきます。

また、フェイスリフトの名医に執刀してもらえば痛みを感じにくいとされていますので、評判のいい病院やクリニックを見つけることも大事です。

フェイスリフトにも、種類がいろいろあります。有名なのは、肌を切開して引っ張り上げるフェイスリフトでしょう。耳の周辺や髪の生え際にメスを入れて直接皮膚を引っ張るのですから、効果は絶大ですし、確実にたるみを改善できるとされています。

しかし、見た目が若返る反面、傷跡が残るという経験者の声も多いのが難点。痛みも残りやすいとされています。そのため、以前は人気がある手術法でしたが、現在では避ける人も増えてきたと言われています。

最近主流なのが、糸を使用したフェイスリフトです。糸でたるんだ部分を引き上げる手術法や、肌に糸を埋め込み、組織全体を引き締めてたるみを解消する手術法もあります。特に、伸縮性のある糸を使用した「スプリングスレッド」は、顔の中央など正面から見て目立つたるみを改善できるとされており、持続性・仕上がり共に満足度が高いとされています。

とにかく傷を残したくないという女性には注目されています。腫れも軽度で済みますし、切るフェイスリフトのように抜糸のための通院も必要ありません。ただし、皮膚を直接引っ張り上げるフェイスリフトよりは効果が持続しにくいとされています。しかし、効果は確実にありますので安心して下さい。

このように、手術法にはいろいろなものがありますので、自分の目的に近いものを選ぶことが、とても重要になってきます。

私の場合はまず、切るフェイスリフトと切らないフェイスリストのどちらにするかを検討しました。切るフェイスリフトの場合には、効果が長続きしやすいというメリットがあります。その代わり、ダウンタイムが長いため、私のように「他の人に手術したことがばれたくない」「翌日すぐに出勤しなければいけないので、顔の腫れを最小限に抑えたい」という人には不向きかもしれません。

一方、切らないフェイスリフトの場合にはダウンタイムが短いというメリットがあります。なので、私は切らないフェイスリフトを選ぶことにしました。

私の選んだ切らないフェイスリフトの手術法は、糸を顔の皮膚の下に入れて、引っ張り上げるものです。傷跡も少なくて済みますので、友達や職場の同僚などにもばれなくて済みました。やはり、メイクや髪型でごまかすと言っても不安がありましたので、切らないフェイスリフトの手術法を選んだのは正解だったと思っています。

痛みがあってもいい、しばらくは顔が腫れていても問題ないという人は、切るフェイスリフトのほうがおすすめです。ただし、なるべくならば痛くないほうがいい、傷みや腫れを避けたいという人は切らないフェイスリフトのほうが向いています。

style="color:#000;fint-size:20px;">フェイスリフトの名医はこちら フェイスリフトの名医をピックアップ フェイスリフトの施術で評判のドクターを紹介しております

Copyright © 名医に頼むフェイスリフトの種類 All rights reserved